アナタは大丈夫? SNSとの健康的な関わり方!

健康コラムSNS, ストレス, スマートフォン, 健康コラム, 健康意識健康コラム, ストレス, スマートフォン, 健康コラム, 健康意識

スマートフォンを触る女性スマホが当たり前になった現代。今やSNSも年齢問わず一般的となりつつあります。ですがSNS、いわゆるソーシャルメディアと健康との繋がりは、まだまだ一般的ではありません。ということで、今回はSNSと健康について少しだけ触れてみたいと思います。

SNSと健康が関係あるの?

疑問のある女性SNSと健康は無関係と思われがちですが、ここ数年で急激にSNSと健康に関する研究発表が増えているのをご存知でしょうか。あまり意識してはいないかもしれませんが、実はSNSには皆さんの健康情報や健康状態が表れているものなんです。ということで、ここからは近年明らかになったSNSに関する健康トピックについて紹介してみましょう。皆さんも一度ご自身の発信したデータを見直してみると、自分自身の状態を見直すきっかけになるかもしれませんよ♪

a
健康とSNSの関係は?

1.SNSは精神的健康に悪影響?
2.SNSは日常生活を狂わせる?
3.SNSは病気予測に有用!?

SNSは精神的健康に悪影響?

スマホに夢中な女性SNSと健康を語る上で、最も多く言われているのが精神的健康に関することです。SNSと健康に関わる発表の多数がこの項目に該当していることからも、SNSが現代人の精神的健康に大きく関わっていることが分かります。

17年には「インスタ映え」なんて言葉が日本でも流行りましたが、流行語になるほど一般的になった社会では、それに固執する人が少なからず存在するのが事実です。SNS上での反応や依存度が個人の健康に影響を与えるのは当然かもしれません。特に言われているのが社会的不快感の高い方や、幸福感の少ない方、社会的な繋がりをSNS上へ求める方などで、それに関連した精神的悪影響を訴える調査結果は星の数ほど存在します(例※1)。ギャンブルやお酒、タバコなどと同じように依存してしまうのも問題です。

SNSは中毒性が大きい

スマホ依存症イメージ他の依存症と同じように、SNSの依存症も脳の状態(扁桃体)が変化することが分かっています(※2)。性質もギャンブル依存などと似通っているとされていて、程度が進んでしまえば衝動を止められず、不安障害や摂食障害などに発展する危険性もありとても危険です(人により様々とする指摘もあるにはありますが…)。しかも問題なのが、今現在では根本的な治療法が存在しないこと。新しすぎる領域ゆえ、どうすれば正しく治せるのかが分かっていないということです。お薬で症状は抑えられても、依存症を治す生活は困難です。力技でインターネット環境から隔離したところで、皆様もご存知のこんな社会です。アクセスする手立ては腐るほど存在しています。

・インターネット環境のない人里離れた森の中に住んでみますか?
・それとも自ら全てを断って生活してみますか?

これでは仕事一つままならないでしょう。そこから抜け出すのがどれだけ難しいか、ずっぷりハマってからでは遅いということです。ご利用は計画的に…。ちなみに話は変わりますが、SNSにおけるメンタル的な悪影響は30歳を過ぎてからが本番らしいです(※3)。逆に18~29歳までだと不安を減らすなんて効果もあるのだとか。若者に混ざろうと思って、年甲斐も無くSNSを始めてハマってるアナタ。若い人は大丈夫でも、アナタは大丈夫じゃないかもしれませんよ?

◆インターネット中毒はこんな人も注意です
 → 毎日長い時間かけて通勤してるけど… 通勤と健康の関係
 → スマホの中毒性について考えたことがありますか?
 → この際、糖分の中毒性も知っておきましょう!

SNSは日常生活を狂わせる?

酔いつぶれた男性なにもSNSの影響は精神面だけではありません。SNSを使っている学生さんを対象に身体的障害を調査したところ、SNS使用度が高いほど視覚障害、眼精疲労、頭痛、食欲異常などの身体的悪影響が大きいとされています(※4)。さらに言うと、体への悪影響だけでも問題ですが、行動に関する影響も心配されていて、タバコ、アルコールなどに関してもSNSの影響で使用が促進されるのが分かっています(例※5)。SNSの使用が潜在的に個人の生活を変えるのは想像がつくと思います。

アナタもSNSを見て、何か行動を起こしたことがありませんか? 一方的に与えられるテレビなどのメディアは以前から存在しましたが、こちらから反応を示せるSNSは少々毛色が違います。「私も今飲んでるよ!」と写真をアップ♪ …なんて今では当たり前の行動が、アナタの生活を変えていることに気付くのが重要です

ただこれはあくまで個人の自由です。どっぷり浸かって楽しんでいる方も多いことでしょう。SNSはストレス拡大と時間の無駄など揶揄する文献が多いのは事実ですが、適度に楽しむ程度なら有意義かもしれませんね♪

◆スマホを長時間眺めた後、アナタもこんな経験ありませんか?
 → 嘘!? 睡眠中の金縛り、でもそれ本当に霊の仕業ですか?
 → 最近目が疲れやすい…。それCVSかもしれませんよ

SNSは病気予測に有用!?

天気予報確認中ここまでは悪影響ばかりを取り上げてきましたが、今後は皆さんの発信したSNSの内容によって、病気の早期発見や流行り病の予測ができるようになるかもしれません。日本で行われたインフルエンザの流行とTwitterでのつぶやきを調べたところ、患者報告数とつぶやきのピーク数の時期がほぼ一致していたのだそう(※6)。他にもつぶやかれた情報のビッグデータ活用により、将来の病気や疾患を予測し死亡率を割り出すなんてことも進められているのだとか(※7)。何の気なしに発信したアナタのコメントが、アナタの病気を見つける日も遠くないのかもしれませんね♪

SNSと健康の簡単なまとめ

今回は簡単にSNSと健康について触れてみました。今や手軽に触れることができるようになったSNSですが、意外なほどアナタの生活に関わっているのも事実です。写真や動画を撮るのが行動の目的になっているそこのアナタ。アナタにとっての充実、本当にそこにありますか?

「充実した結果をSNSに…」程度に抑えるのが賢いSNSとの付き合い方かもしれませんね♪

健康は意識から!
あなたも今日から健康、はじめてみませんか?

参考文献


※1 ):Santiago, K., & Caporusso, N. (2018, July). Addressing Mental Health Consequences of Social Networking from the Social Services Perspective. In International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics (pp. 183-192). Springer, Cham.
※2 ):He, Q., Turel, O., & Bechara, A. (2017). Brain anatomy alterations associated with Social Networking Site (SNS) addiction. Scientific Reports, 7, 45064.
※3 ):Hardy, B. W., & Castonguay, J. (2018). The moderating role of age in the relationship between social media use and mental well-being: An analysis of the 2016 General Social Survey. Computers in Human Behavior, 85, 282-290.
※4 ):Mundodan, J. M., & Jini, M. P. (2018). A descriptive study on the use of social networking websites and physical health profile of their users among college students in Thrissur district, Kerala. International Journal Of Community Medicine And Public Health, 5(7), 2939-2943.
※5 ):Gupta, H., Lam, T., Pettigrew, S., & Tait, R. J. (2018). The association between exposure to social media alcohol marketing and youth alcohol use behaviors in India and Australia. BMC public health, 18(1), 726.
※6 ):北村有里恵, 長島真美, 吉田勲, 根岸あかね, 熊谷遼太, 加來英美子, … & 貞升健志. (2017). 東京都内インフルエンザ流行状況の把握を目的としたツイート数の有用性の検討. Ann. Rep. Tokyo Metr. Inst. Pub. Health, 68, 66.
※7 ):Valli, P. A., Uma, M., & Sasikala, T. (2017, August). Tracing out various diseases by analyzing Twitter data applying data mining techniques. In 2017 International Conference on Energy, Communication, Data Analytics and Soft Computing (ICECDS) (pp. 1589-1593). IEEE.