中性脂肪対策の最新事情。カシューナッツとザクロを食べるだけ?

食事カシューナッツ, ザクロ, サプリメント, 中性脂肪

世のお父さん、お母さん。
お腹にお肉、ためてませんか?

健康診断を受けるたび、『中性脂肪』が高いですね。「ちゃんと運動してますか?」なんて言われていませんか?

今回はそんなあなたのために、最新(2017秋)の中性脂肪軽減情報を集めてみました。

中性脂肪ってどんなもの?

まず中性脂肪がどんなものかは、以前まとめたものがありますので、まずはこちらをどうぞ。

今回は中性脂肪を減らす方法2017年後期版として3つの項目を準備しました。

項目はこちら

1.カシューナッツが総コレステロールとLDLコレステロールを減らす!
2.ザクロ果肉エキスが中性脂肪を減らす!
3.出芽酵母由来の多糖類が中性脂肪を減らす!

それでは一つずつ紹介したいと思います。

カシューナッツがコレステロールを下げる?

2017年4月にアメリカで発表された研究結果によると、カシューナッツに含まれるステアリン酸が、他のナッツ類と同様に総コレステロール値、LDLコレステロール値を下げることがわかりました。

カシューナッツはアメリカで多く消費されているポピュラーな豆類なんですが、最近では高カロリーのお菓子に変わってカシューナッツを摂取することで中性脂肪を減らそうという話もあるそうです。
日本でも毎日のように新しいお菓子が発売されていますが、健康に気を使うならば、その手に持ったスナック菓子を、カシューナッツに変えてみてはどうでしょうか?

ちなみにですが、他のナッツ類でも同じような効果は確認されています(くるみ、マカデミアナッツ等)。

しかしどれも体重を減らすといった体型に関わる結果は出ていません。しかも食べすぎた場合は何の効果もないことがわかっています。各ナッツの種類によって量は異なりますが、大まかに30g、カシューナッツなら20粒程度を目安にしてみるといいでしょう。本来のアメリカの研究であれば、量は倍(40粒)で、食事の代わりに無塩ナッツを摂取するとしているので、いつもの食事から150kcalほど落として、こちらを実施するのも良いかと思います。ただ、私はそんなにナッツを食べたくありません(笑)

ちなみに週に2度以上、ナッツを食べている人は、突然死の危険性が食べない人に比べ半分程度まで落ちるそう(詳細はこちら)。週に1度でも構わないので、ナッツ類を食べてみてはいかがでしょうか。

2.ザクロエキスが中性脂肪を減らす?

こちらも2017年4月、アメリカで発表された研究結果により明らかになりました。ザクロから絞った糖分(オリゴ糖イヌリン)とエキスが脂質代謝を促進する効果を確認したそうです。

肝臓と血清の総コレステロール値を下げるのはイヌリンの作用によるもので、排便による脂質代謝が高まるんだとか。日本ではなかなかザクロを食べる機会はありませんが、もし見かけることがあれば美味しいので食べてみてはいかがでしょうか。

しかしここでも1つ注意
「イヌリンを取れば良いんでしょ」と思われがちですが、今回の実験結果はイヌリンとザクロエキスの組み合わせで得られたものです。単独ではあまり意味をなさない結果が出ていますので、自然由来のザクロを摂取することをオススメします。
また、イヌリンは糖類です。糖類を取り過ぎたら起こることくらい、あなたにもわかりますよね? 注意が必要です。

 

出芽酵母由来の多糖類が中性脂肪を減らす?

こちらは2017年の10月に発表されたばかりの情報です。ドイツ企業の特許案件情報ですが、出芽酵母から抽出した多糖類が中性脂肪を減少させたということです。

出芽酵母はきのこなどの菌類や、パンなどに使われるイースト菌ビールを作るためのビール酵母などを指していまして、今回はβグルカン、キチン、キトサンを対象としたものだそう。ビール酵母由来のサプリメントなどはこれまでにも発売されていましたが、これからまた新たなサプリメントとして登場すると思われます。まだ実際に試すことは難しそうですが、飽和脂肪酸と中性ステロール対策サプリとして、また新たな風を吹かせてくれるかもしれません。

まとめ

中性脂肪を減らす新しいものとして、今回は3つのものを紹介しました。

まとめはこちら。

・いつもの食事にカシューナッツ(20粒程度)をプラスαで、中性脂肪が減らせる
・いつもの食事にザクロを加えると中性脂肪が減らせる(イヌリンだけはNG!)
・新しい出芽酵母サプリがもうすぐ出てくるかも!?

健康に関する情報は、毎日のように発見・発表されています。遅れをとっている場合じゃありません。新しい情報は、自分で掴みにいかなきゃ得られませんよ!

健康は意識から!
あなたも今日から健康、はじめてみませんか?