子供にちゃんと教えていますか? 親が教えるべき健康リスクの話

健康コラム健康コラム, 喫煙, 飲酒健康コラム, 喫煙, 飲酒

喫煙イメージ図
『 好奇心 』
この言葉の誘惑は、子供だけでなく大人でもなお、多くの人を惹きつけ離しません。タバコ、お酒に始まり、薬物にいたるまで、近年その誘惑は海外だけの話では済まなくなっています。

そこで小さなお子さんのいる親御さんに質問です。皆さんは、ちゃんとそのリスクをお子さんに教えていますか?
学校が教えてくれると人任せにしている方も多いことでしょう。しかし子供のうちから、それらに対する恐怖心や警戒心を与えておくのは、子供の将来を考えれば必要なことです。決して他人事と思わず、身近な出来事として認識することが重要です。



子供の受ける健康リスクについて

おしっこを我慢する子犬

昨今、世間でもタバコや飲酒にまつわるニュースや不祥事が取り沙汰されることが増え、多少なりとも人々の関心を集めるようになってはいます。しかしながら、それは大人の都合であり、子供に関心を向ければ必ずしも十分とは言えません。大人がいくら気をつけても、子供達は無防備です。だからこそ、小さなうちから不必要なリスクを排除できるよう、対策をうつことが重要です。

さて、ではここでアメリカで発表された若者の健康リスクについて紹介してみましょう。

テキサス州の中学生の14%、高校生の23.6%が、過去1カ月間に電子タバコの使用した。また学生の75%以上が過去にタバコを吸った経験がある

と、発表しています。

もちろん、日本とアメリカは文化も環境もまったく異なります。喫煙状況も日本国内は減少傾向にあり、心配ないと見ている人も多いことでしょう。しかしそんなことはありません。一つ社会の風潮が変化すれば、世間の評価はガラリと変化します。タバコはもちろんのこと、飲酒や薬物も同様です。運動部に入っているなどは、さらに影響を受けるため注意が必要です。よろしければこちらも一読ください。



ちなみにアメリカの薬物状況も。

『今までに薬物を試したことがある』という質問に対し、小学生が18.2%、中学生が34.3%、高校生が48.9%。「過去1ヶ月」で使用していた割合は、小学生17.2%、中学生24.9%、高校生7%

ぶっ飛んでますね。どれだけ近くに薬物が存在するかがよくわかります。トランプ大統領がメキシコとの間に壁を作るという冗談のような政策を目指す要因の一つに、このような環境があるのも確かです。しかしデータを見て笑ってもいられません。日本が同じような環境になったと仮定すれば、私たちも同じ状況に陥るのは明らかです。学校教育で全てが抑えられる訳はありません。なにより日頃の環境が与える影響が一番重要なんです。

かねてから言われていたアルコールに関しても、人体への影響が続々と発表されています。先日のネイチャーで発表されたアルコールによるDNA損傷の件も、確実に氷山の一角です。仮設として挙げられている項目は他にも腐るほどあるのですから…
(よろしければこちらもご覧ください)

小さな子供のリスク回避は大人の責任です。不必要な危険は大人が率先して減らしていける社会を作るのが重要です。



まとめ

お酒やタバコ、薬物といった誘惑は、誰しもが対峙する問題です。芸能の世界や海外などで薬物の問題が取り上げられますが、決して他人事と思わず意識することが大切です。

物は試しに…
などと思わせない執拗さが重要です。この機会に、一度お子さんと話し合ってみるのはいかがでしょうか。

健康は意識から!
あなたも今日から健康、はじめてみませんか?